« 面食礼賛 | Main | 俺の素顔 »

April 23, 2004

彼は「美しい」をどこで見分けるのか?

本日、マックスさまは超ご機嫌☆
ワタクシの友人セクシー美女とそのまた美しいお友達の二人にめろめろに可愛がって頂いてしまったのだ。
彼女たちに会いに行くため、日暮れの道をてくてくと歩くこと往復一時間半。しんどかったが楽しかった。

マックスは正真正銘の面食いである。そこには「性格美人」などという中途半端な概念はない。
ただただひたすら姿かたちが非常に美しい人、姿かたちは人並み程度でも笑顔やしぐさが美しい人、このあたりを瞬時に嗅ぎ分ける。自分の好みじゃなければ、お愛想程度に尻尾を振ることもあるけど、目もあわせず見向きもしない。基本的に若い子が好きなようだけど、若ければいいってもんじゃーないらしい。ふむふむ。
ただしここらへんがイヌ畜生なのだが、、、彼は下半身の匂いが大好きなので、普段は興味を示さないような方でも突然Y字型のあたりに突進して鼻面つっこんだりもする。そういうときはきっとその方は女性ならではの月のモノの最中なんだろうと察する。

とにかく彼の頭の高さはちょうど平均的な女性のお尻の高さくらいなんである。で、散歩中に信号待ちしてる最中、前に立ってる見知らぬ女性のスカートに顔突っ込んだりする。そんなとき、私はひたすら謝る。
「すみません。うちのワン公は美人に目がないもので。。。すみません」
振りいた御顔がどんなに、、、であっても。台詞はひとつ。
「すみません。美人が好きなんです。ごめんなさい」
これで怒られたことはない。やれやれだ。

で、きょうは正真正銘の美人に会ったのである。俺さま、ちょ~しあわせ♪
セクシー美人のミーさまが黒いバンダナを俺さまの首に巻いてくださったんだけどさ、そのときなんか顔が密着するくらいくっついちゃってさ、俺ってば彼女の匂いなんかさりげなく胸いっぱい吸い込んじゃったりしてさ。
俺って実は目が垂れてるんだけどさ、こういうときだけは一生懸命目を大きく見開いて、カッコ良く見えるように努力したりするわけさ。で、目を大きくしながら、彼女の目をじ~っと見つめてみたりしてさ。
そしたらミーさまが俺の鼻に自分の鼻をくっつけてくれちゃって、俺ってばガラにもなくどきどきして目をそらしちまった。ちょっともったいなかったかな。。。でもコーフンしてあんまり乱暴とかするとまずいじゃん。。。

あ~俺ってしあわせ。
うちのねぇちゃんとは大違いの美人だったよ。たまにはいい思いしないとな。
帰ってきてからもしばらくコーフンしてたぜ、俺ってまだまだ若いな。

そんな感じでゴザイマス。
ええ、下の写真。黒いバンダナはミーさまに結んでもらった宝物。

うちのママはそんなセクシーな色をむすんでくれたことはなかったな。
いつも赤とか、水色とか、チェックとか「可愛い僕ちゃん」って感じのしか身に着けたことなかったんだよな。
こうやってオトコは「ママの可愛い僕ちゃん」から「大人のオトコ」になるのかな。
もう遅いかな、、、

まぁさ、とにかくワタクシが不思議なのは、マックスがどこでどうやって人を見分けているのかと言う一点に尽きます。
「好み」って何なんでしょうね?
「美しい」って何なんでしょうね?
そんなこと考えながら、だらけてるのが、ワタクシ的なまけ生活。

|

« 面食礼賛 | Main | 俺の素顔 »

Comments

MAX に会えなくなってから、だいぶ月日が過ぎてしまい、忘れてシマワレタかもしれない、
(もと美人と・もとジャニーズ系)・・・自称
言ったもん勝ちだよ
朝未だに、駐車場の角からMAXがドタドタと走り出して来るような気がすることがあります。
家のもと美人さんは、ゴールデンを見かけると皆MAXと呼びかけています。(・・・・ですね)

コレカラモ、なまけ日和を楽しみに読ませていただきます。

   石 倉 眞 澄(もとジャニーズ系)
       あかね(もと美人)
            ↑
         若干不満げな顔・・・           
                    

Posted by: 石倉眞澄・あかね | April 25, 2004 at 19:36

僕は一度心臓発作を起こしてから、死んだ真似が上手くなって狼少年(おじさん)になるよ!!と皆に言われています。
僕は美人お姉さんとジャニーズお兄さんのお顔を忘れそう~~~。
お暇の時にあそびにいらして下さい。その時は駅までお迎えにいきます。

Posted by: マザコンMAXのママ | April 25, 2004 at 20:52

The comments to this entry are closed.

« 面食礼賛 | Main | 俺の素顔 »